POST Gallery 4GATS(ポストギャラリークワトロガッツ)

| トップページへ | 終了した展覧会 | アクセス | ギャラリー図面 | message |

 

工藤玲那展
KUDO RENA
anima

2017年11月15日(水)〜26日(日)
企画・瀬島匠



工藤玲那

 彼女とはじめて会ったのは5年前、自分が東北芸術工科大学の教員として山形に勤務した時でした。大学は山形市に所在し、背後には蔵王山、正面には月山、左側の山脈は朝日連峰、はるか右向こうには鳥海山が位置し、山々に囲まれた雄大な環境の中で教員生活がスタートしました、その時初めて担当した学年でもある工藤玲那は、宮城県角田高校出身で、入試形態が震災特別支援枠で受験してきたと思います。自分も同じく教員一年生であったので、身の回りの風景から山形の食べ物までが、とにかく新鮮でありました。
 彼女の作品には一年次の時から、他の学生とはひと味違い、素材や表現形態の中に、なにか東北の風土から沸き上がる独創的なエネルギーを感じました。初期の作品は洋画科専攻であった為に絵画制作が中心で、人体や静物を描写していましたが、カリキュラムが進むに連れて立体作品に興味を持つようになってからは工芸工房に通いはじめ、縄文文化を思わせるような野焼きで大小様々なセラミック作品の制作に没頭していったように思います。洋画のアトリエでじっくり制作している姿はあまり記憶にありませんが、その分、自身の「感」を利かせてアクティブに時間を見つけ、全国、また時には海外までも取材を重ねてきては、新しい形態に取りかかっていました。そうして出来上った作品には、いつも不思議な空気感が漂い、一つ一つのオブジェに魂が宿っているような、またそれであってどこか懐かしい物を感じました。
 そうした成果と言うべき作品を並べる今回が初めての個展となり、記念するデビューをこのような素晴らしいギャラリー4GATSのスペースをオーナーでもある植松さんに提供していただき、チャンスをくださったことに感謝すると共に、ここから将来に向かって彼女が大きく羽ばたいていってほしいと心より願います。
東北芸術工科大学 ゼミ担当教員  瀬島 匠

 

POST Gallery 4GATS
Copyright (c) 2017 POST GALLERY 4GATS All Rights Reserved.